塾生の声

武田塾に現在通っている人、また武田塾で合格を掴んだ人の声です。
保護者、生徒からの武田塾に対する本音が聞けます!

スポーツ推薦で高校に入り、10月まで練習。

部活と両立し青学と早稲田に合格!

 

名前:武者太一

高校:私立市川高校

学年:高3

合格大学:青山学院大学経済学部、早稲田大学スポーツ科学部

武田塾に入る前:

 

僕はハンドボールのスポーツ推薦で市川に入学したので、授業についていくのが難しく、得意だと思っていた英語も苦手になってしまいました。

高3の6月に部活を引退になり、その時期に武田塾に入塾したのですが10月まで国体に向けて練習があったのでハンドボールは続けていました。

他の受験生よりもかなり時間の制限が厳しかったと思います。

 

武田塾に入った後:

 

国体が終わるまでは英語のみ受講してました。

成績が悪かったので、中学レベルの英文法と英単語の暗記から開始しました。

練習の空き時間にしか勉強できませんでしたが、

英語だけ集中してやることで成績は上がり始めたのです。

 

10月に入って国語も受講し始めました。

武田塾は毎週テストがあるのですが、そのテストで正解していても担当の先生から「それが正解の理由は?」と正解の根拠まで確認されます。

この確認のおかげで自分が理解していなかった部分が明確になり、

それを潰すことで成績が上がっていきました。

 

10月のマーク模試では「英語46.6、国語50.7だった偏差値が

11月のセンタープレでは「英語60.1、国語59.1まで伸びました。

 他の受験生よりも勉強時間が少なかった中、

志望校の青山学院と早稲田に合格できたのは武田塾の先生に「やるべき勉強とやらなくてもよい勉強」を教えてもらい、無駄なく勉強できたからだと思います。

 

他の2018年度の合格体験記はこちらをクリック!

関連記事

ページ上部へ戻る