今から受験を始める部活生必見!部活終わってからでは遅い!!

  • 2017-2-3

こんにちは、市川市の大学受験予備校、武田塾市川校高田です。

本日は2月3日ということで、節分ですね。

近所のコンビニに行ったところ、恵方巻きが山のように積まれていました。

正直恵方巻きを食べるという文化は自分が子供にやったことがなかったので、不思議な気持ちです。

もともと関西の方で食べられていたのが全国的に広がったとのこと。

今年は南南東を向いて食べるとよいそうです。

節分では豆まきもありますね。

昔は年の数だけしか食べられないことに不満を感じていましたが、今はもうそんなにいらないと感じるようになりました。

時の流れを感じます。

そして明日2月4日は立春とのこと。

春の訪れ、これから少しずつ暖かくなっていくはず。

楽しみですね。


bsshindo130810020967

さて、暖かくなっていくにつれ部活動も盛んになっていくものと思います。

部活動の引退時期、ちゃんと把握できているでしょうか?

6月ごろに引退するという方が多いと思いますが、勝ち進んだらもっと長くなるとか、負けたらもっと早まる、など様々あると思います。

失敗する人に多いのが、部活を引退したら本気出すというもの。

6月いっぱい部活動だけに打ち込んだ場合、半年ちょっとしか受験に時間を使えません。

さらに、部活に打ち込んでいる人は学校の勉強もギリギリです、ということがあります。

その場合、高校3年間で学ぶべきことを半年ちょっとで全部吸収していかなければならないことになります。

全然、時間足りないと思いませんか?

部活をするために高校に通っているわけではありませんよね。

部活動はとてもためになるものです、ですがそれだけで終わらないように意識してください。

今からできること、例えば英単語をやるなど、ちょっとずつでも手をつけてください。

どんなペースでやれば良いのかわからないのであればご相談ください。

今度ではなく、今すぐ動きましょう。

一般的に高校2年生の冬10月から受験勉強に動き出す方が多いです。部活動引退は夏、それから受験勉強を始めていては基礎が固まった頃にはもう目の前に受験がある状態になってしまいます。

今からしっかりと準備を始め、高校3年生の第一回模試を迎える時には基礎が固まっている状態にしましょう。

早慶志望の受験生は夏までにはセンターレベルでは8割くらいを取れるようにしているといいと思います。

「夏終わってから」と言っていると他の受験生に圧倒的な差をつけられてしまいます。

部活動を終えて、受験を始めようとする時に他の受験生は基礎的な内容の勉強をもう終えてしまっているからです。

部活動をしながらでも毎日2−3時間は勉強しましょう。朝練もあって夜も遅いという方は学校の休み時間などをうまく使ってなんとか勉強の時間を作りましょう。

土日の学校が休みの日には6時間から8時間を目安に時間をとりましょう。他の受験生との差をつけるのはこの時期から夏にかけての半年かです!

指導報告書

武田塾では毎週、日割りでその日取りかかってもらう勉強内容を管理します!

そして毎週1週間で勉強した内容のテストを実施します。

そのためサボれません!また、サボれないだけでなく自分ができていない部分を自認することができるため効率よく復習し穴を埋めながら着実に成績を伸ばすことができます。

無料の受験相談で個別のカリキュラムや勉強方法の指導などをしているので、「成績が上がらない・・・」「部活との両立ができるか不安・・・」と受験のことで悩んでいる人がいれば気軽に相談に来てください1

無料の受験相談は以下から申し込んでください!

無料の受験相談に申し込む

関連記事

ページ上部へ戻る