量と質

  • 2017-11-22

こんにちは!武田塾千葉校教務の高木です。寒くなってきましたね!受験シーズンの到来を感じます!

逆転合格を目指している皆さん、ここからが頑張りどころですよ!

私自身も高3の夏からのスタートだったので、○年前の今頃は文字通り起きている間ずっと勉強していました。

数年後に「あの時・・」と後悔のないように全力を注ぎましょう!将来振り返ってみて「価値のある時間だったな」と思える期間は、何かに没頭していた期間だと思います。

 

今日は千葉校の生徒の成績の一部をご紹介したいと思います。

今年の4月に入塾した生徒で数学、物理、化学を受講しています。

 

 

スクリーンショット 2017-11-21 19.26.49

(入塾時と第二回河合塾全統マーク模試(7月末実施)の比較)

 

この生徒もそうですが、伸びる生徒に共通していることは量も質もどちらも大切にしていることです。

では量はどれくらいやればいいのでしょうか?

「参考書を何周やれば大丈夫ですか?」

よくこういう質問を受けますが、答えは

 

 

 

できるまで!です

 

 

成績が伸びないと悩んでいる生徒に共通して足りていないのは基本的にこの考え方です。

理解できるだけでなく、できるようになるまで反復することは成績を上げる上で必須です!

 

キャッチボールを5回しただけでまともな送球ができるようになりますか?

5回ドリブルしただけで何か変わりますか?

勉強も同じです。

音読が良いと聞いても、一度音読しただけでは何一つ変わりません。

反復を大事にしましょう!

 

ではだけひたすらこなせば成績は上がるでしょうか?

答えはノーです。

 

“勉強スケジュール”

“それぞれの参考書の使い方”

“具体的に何ができるようになれば良いのか”

 

これらを分かった上で量をこなさなければ成績は上がりません。

次回はこれらについてのお話です。

 


 

武田塾千葉校では受験相談を行なっています。

受験相談では武田塾のシステムだけではなく、上記のような具体的な勉強方法の相談も受け付けています。

「勉強しているのに、思ったように点数が上がらない」

「今の自分のレベルでどの参考書を使えばいいのか分からない」

など悩みがあれば一度千葉校に受験相談に来て下さい!

関連記事

ページ上部へ戻る