今からMARCHに合格する方法

模試の成績が悪くても、

今から受験勉強を始めたとしても、

MARCHに合格できるとしたら・・・

 

あなたはその方法が知りたくないですか?


まだ間に合う!今からMARCHに合格する方法 

 

◇MARCH(マーチ)って何?

MARCHとは「明治・青山学院・立教・中央・法政」の頭文字を取ったものです。

 

これらは偏差値60くらいで、いわゆる「高学歴」と呼ばれるレベルの大学です。

就職もしやすく、合格したらまわりから「すごいね!」と言われます。

 

 

早慶は無理でもMARCHなら頑張ったらいけるんじゃないか?

ということで、多くの人がMARCHを志望校にしています。

 

 

しかし・・・

 

 

MARCHに合格するのはそんなに簡単なことではありません。

偏差値60というのは受験生全体の16%以上になります。

 

つまり、

 

全国の受験生の上位16%に入っていないとMARCHに合格できません。

 

ではどうすれば上位16%に入ってMARCHに合格できるのでしょうか?

 

 

◇「みんなと同じ」だったら「偏差値は50」のまま!

MARCHに合格するためには偏差値が60必要と言いました。

偏差値というのは50が平均なので、みんなよりも優れてないと偏差値60は取れません。

 

 

みんなと同じ授業を受けて、

みんなと同じように勉強していたら、

みんなと同じ結果にしかならないので

偏差値は50のまま」です。

 

 

仮にあなたの偏差値が50未満だとしたら、なおさらMARCHに合格するのは難しいでしょう。

 

「じゃあみんなより多く勉強すれば良いんだ!」と思った人。

半分正解ですが半分間違いです。

 

これからの時期、受験生は「みんな」勉強時間を増やします。

つまり、あなたが勉強時間を増やしても、まわりも増やしているので差が生まれないのです。

 

 

「じゃあどうすればいいの!?」

 

その答えは・・・

 

◇勉強の「時間」を増やすのではなく、「質」を上げろ!

成績というのは勉強の「時間」×「質」で決まります。

 

 

あたりまえですが、勉強の質が同じ2人がいて、

Aくんが1日1時間勉強している中、

Bくんが1日3時間勉強していたらBくんの方が成績は良くなりますよね。

 

 

しかし・・・

 

 

実際には「勉強の質」というのは人によって大きく違います。

そして、多くの受験生の勉強の質は「悪い」です。

 

 

「1年かけて単語帳をやったのに半分も覚えられてない」

「日本史の授業で必死にノートを取り、ノートは綺麗だけど点数は低い」

「問題集の答えだけ暗記して、別の問題になると全く解けない」

 

 

こんな勉強をしている人ばかりです。

 

これではいくら勉強時間を増やしても残念ながら成績は上がりません。


逆に、「勉強の質」が良ければそんなに勉強しなくても良い成績が取れます。

 

クラスに1人くらいこんな人はいませんでしたか?

 

 

「あんまり勉強してないように見えてテストの成績が良い」

「部活動で忙しいはずなのに成績が良い」

「国公立志望で科目数が多いのに私立文系の人より成績が良い」

 

 

そうです。

大体マンガだと長身でイケメンでクラスの女子にキャーキャー言われてるタイプの男の子です。

そしてヒロインが赤点を取った時にこのイケメン男子が1対1で数学を教えてくれる・・・みたいなアレです。

 

すみません、話が脱線しました・・・。


 このように「全然勉強してないのに成績が良い人」というのは、マンガの中だけでなく、現実の世界にもいます。

 

この人たちは「頭が良い」のではなく、

「勉強の質が高い」・・・つまり「勉強の仕方が上手」なのです。

 

 

勉強の仕方が上手ということは、

この人たちがやっている「勉強法」をマネすれば、

あなたも「短い勉強時間ですごく成績が上がる」ようになります。

 

 

では、どうすればその「効率の良い勉強法」を身につけることができるのでしょうか?

 

 

◇武田塾は「効率の良い勉強法」を個別指導で教える塾!

「たくさん勉強しているのに成績が思うように伸びていない人を助けたい」

そんな思いで、武田塾は「だれでもできる効率の良い勉強法」を個別指導で教えています。

 

「本当にだれでもその勉強法がマネできるの?」と疑問に思う人もいるでしょう。

なので、2018年度の合格実績の一部を紹介します。

 

 

高校偏差値55の船橋芝山高校で学年順位が後ろから5番目だったのに、

高3の夏に武田塾に入塾し、そこから法政大学に合格した金子優樹くん。

 

 

理系から文転し、当時の偏差値は52

そこから武田塾で文系科目を勉強し、青山学院大学に合格した山田遊馬くん。

 

 

付属大学へのエスカレーターを辞めて一般受験を決意。

5月の模試で偏差値39だったのに法政大学に合格した秋山颯人くん。

 

 

野球部で忙しく9月の模試で偏差値46、志望校はE判定

そこから武田塾で猛勉強し、なんと明治大学に合格した岩田純くん。

 

 

これは、2018年度の武田塾の合格実績の一部で、

しかも、全国で150校舎ある中の「たった2校舎」の実績です。

早慶や国公立の合格者は紹介していないので、それらを含めたらもっと多くの実績があります。

 

 

どうですか?これで納得してもらえたと思います。

武田塾の勉強法はだれでもマネできるし、

そのやり方で勉強すれば短期間で成績を上げることができるのです。

 

 

「成績は悪いけどどうしてもMARCHに行きたい!」

「部活で忙しくて受験勉強を始めるのが遅くなる」

「今まで勉強してきたけどなかなか成績が上がらない・・・」

 

 

という人はぜひ武田塾に話を聞きにきてください。

今から始めればまだMARCHに間に合うかもしれません。

 

武田塾の説明を聞きたい!という人はこちらをクリック!

 

 

入試の日はどんどん近づいてきています。

本当に合格したいという気持ちがあるなら早いうちに行動しましょう。

 

「とりあえず定期テスト終わってから・・・」

「部活引退してからでいっか・・・」

 

という人はだいたい、「もっと早くから始めとけばよかった」と後悔します。

 

 

大学受験というのは今後の人生を大きく決める大事なチャンスです。

どうせ受験するなら「高学歴」を目指しませんか?

 

 

武田塾ならそのお手伝いができると思います。

 

今なら「無料受験相談」という形で、武田塾の説明と一緒にあなたの勉強の相談に乗っています。

お時間は1時間くらいしか取りません。別に武田塾に入る必要もないです。

 

ただ、この話を聞くだけであなたの勉強の質が上がるかもしれません。

「MARCHに行きたいんだ!」という人は下記のリンクからお申し込みください。

 

無料受験相談のお申し込みはこちらをクリック!

 

お電話でお申し込みの方は「受験相談希望」とお伝えください。

武田塾津田沼校:047-478-1607

関連記事

ページ上部へ戻る