成績が上がる模試の復習法

こんにちは 津田沼にある大学受験予備校の武田塾津田沼校です。

昨日、河合塾のセンタープレテストがありましたね。

結果はいかがだったでしょうか。

点数も大事ですが、それよりも「どうやって復習するか?」の方がもっと大切です。

どうせセンタープレを受けたのであれば、結果に一喜一憂するのではなく、成績を上げるような使い方をしましょう。

◯成績が上がる模試の復習法

復習の時に、ただ解説を見てその問題が解けるようになって満足している人がいます。

残念ながらそれでは成績が上がりません。

ただ問題を解けるようにするのではなく、

「何が足りてなくて解けなかったのか?」「どうすれば次同じような問題を解けるか?」を考えましょう。


例えば、英語の長文。

「この英文はこういう和訳なんだ!」と解説を見て理解したところで、同じ英文が次の試験で出るわけではありません。

そうではなく、「この単語がわかっていなかった」「どれが主語でどれが動詞か見抜けていなかった」のように英文が読めなかった原因を分析しましょう。

そうすることで、「単語がわからなかったからターゲットを覚えなおそう」「構文が見抜けなかったから解釈を勉強しよう」などという解決策にたどりつくのです。

あとはその解決策を実行して、問題点を潰せば次の試験では成績が上がっています。


ただ、「成績が悪い原因がわからない!」ということもあると思います。

そういう時はその科目が得意な人に聞きましょう。

武田塾津田沼校でも模試のあとは担当の講師が個別指導の時に、生徒の問題点を徹底的に分析します。

そして、今後どのような勉強をしていけば成績が上がるのか具体的なアドバイスをしています。

あとは生徒がそのアドバイスに従って宿題をこなしてくれればどんどん成績が上がります。


模試の成績が悪い原因を分析せずにただがむしゃらに勉強していも絶対に成績は上がりません。

「センタープレの結果が悪かった!冬期講習たくさん受けなきゃ!」と考えている人は一度考え直しましょう。

足りない部分が明確になっていて、それを補える冬期講習なら良いですが、「冬期講習を受ければ成績が上がる」と思っているだけなら受講するだけ無駄です。

実際、武田塾は冬期講習というものがありません。なぜなら、どんな季節でもやるべき勉強は変わらないからです。

英単語を覚えていないなら冬でも英単語を宿題に出します。

成績を上げるためには今のあなたにあった勉強をしましょう。

 

何が足りないのかわからないよ!って人は無料の受験相談にお気軽にお越しください。

下記のフォームかお電話でお申し込みできます。

無料受験相談の申し込みはこちら

 

この記事を読んでいる人はこのような記事も読んでいます。

個別指導塾のメリットは?集団授業との違い【大学受験】

1ヶ月で英語114点→160点!?

 

武田塾津田沼校のブログ一覧はこちらをクリック

ページ上部へ戻る