【高2生必見】高校2年生の冬から受験勉強を開始するメリット

こんにちは。大学受験予備校の武田塾津田沼校です。

11月も終わって12月になりましたね。

受験生はセンター試験まであと1ヶ月ちょっとです。

高校2年生はまだセンター試験まで1年以上ありますが、そろそろ塾を探している人も多いと思います。

そこで、今日は高校2年生の冬から受験勉強を始めるメリットについてお話します。


◯4ヶ月も有利

高3の4月からスタートする場合と高2の12月からスタートする場合、4ヶ月も差があります。

この差は非常に大きいです。

例えば4ヶ月間、英語だけ勉強したとしましょう。

武田塾のやり方で1日3時間勉強した場合、元の成績が60点くらいだとすれば、4ヶ月後にはセンター英語で140点〜160点取れるようになります。

高3の春の時点でセンター英語で160点取れてたらどうですか?かなり優秀ですよね。

そのまま高3の春から国語と社会科目を始めれば、MARCHだったら普通に合格できます。

もう一度言います。MARCHだったら「普通に」合格できます。逆転ですらありません。


しかし、高3の春から始めた場合、そこから1日3時間英語だけ勉強すると、8月の時点で160点くらいです。

これも十分優秀ですが、そこから国語と社会科目を始めるとなるとMARCHは結構ギリギリです。

合格率でいうと高2の冬から始めた時よりも30%近く下がってしまうでしょう。

 

武田塾は逆転合格を売りにしていますが、大学受験は早く始めた方が有利に決まっています。

たった4ヶ月早く始めるだけで合格できる大学が1ランク上がります。


想像してみてください。

高校3年生の1月。入試まであと1ヶ月。あなたは非常に焦っています。

そんな時に大学側が「今年の入試を2月から6月にします!」と急に発表したらどうでしょう?

あなたは「あと4ヶ月勉強できる!それなら余裕で合格できる!」となりますよね。

高2の冬から勉強するというのは他の人が2月に受験している中、あなただけその4ヶ月後の6月に受験しているようなものなんです。

 

まずは1科目だけでもかまいません。高2の冬から受験勉強を始めましょう。

 

でも受験勉強なんてしたことないし、なにすれば良いかわからない・・・という人は無料の受験相談にお越しください。

何をすれば高3の春までにまわりに差をつけられるか教えます。

しかも今なら「冬だけタケダ」といって、1ヶ月間武田塾を入塾金なしでお試しできます。

 

受験相談のお申し込みは下記のフォームかお電話で。

無料受験相談の申し込みはこちら

 

この記事を読んだ人にオススメの記事

1ヶ月で英語114点→160点!?

個別指導塾のメリットは?集団授業との違いは?

 

武田塾津田沼校のブログ一覧はこちらをクリック

ページ上部へ戻る