合格する人と合格しない人の違い

こんにちは 武田塾津田沼校です。

今日は大学受験に合格する人と合格しない人の違いについてお話ししたいと思います。

 

結論から言いますとそれは「行動力」です。

◯受験勉強は「やるかやらないか」

模試を受けると必ず成績が良い人と悪い人に分かれます。

成績が悪い人は「私は頭が悪いからやっても無理」などと言います。

 

ハッキリ言います。

受験勉強に頭の良さなんて関係ありません。

やるかやらないかです。

成績が良い人というのは頭が良いわけではなく、他の人よりもたくさん勉強しているだけです。

 

逆に、成績が悪い人はすぐに言い訳をして勉強をしません。

「部活が忙しい」「定期テストがあるから」「スタバの新作が飲みたい」など・・・。

成績が良い人が勉強している間にスタバの新作を飲んでいて成績が上がるわけがありません。

勉強時間が違うんだから成績が違うのは当たり前です。

成績が悪いのを嘆いている暇があればすぐに行動しましょう。

 

まずは英単語の暗記からでも良いです。

「今」行動しましょう。

「明日から」「定期テストが終わってから」「この番組が終わってから」

と言い訳している人はまた模試で悪い成績をとるでしょう。

 

◯成績が良い人と悪い人が共通して持っているもの

成績に関係なく、すべての人に共通しているもの

それは「時間」です。

どんな人でも1日は24時間だし、1年は365日です。

つまり、その24時間でどのような行動をとるかで結果が変わるんです。

 

学校から帰ってきて寝るまでの6時間をスマホゲームに費やすのか。

それとも英語の勉強に費やすのか。

それで1年後の結果は大きく変わってきます。

 

20歳になった時、あなたはどうなっていたいですか?

特に行きたいと思っていなかった大学で退屈な授業を受けるのか。

自分が本当に行きたいと思った大学で充実した人生を過ごすのか。

それはすべて「今どのように時間を過ごしているか」で決まります。

充実した人生を送りたいなら今すぐ勉強を開始しましょう。

 

勉強を始めたいけど受験勉強って何をすれば良いの?と思った人は無料受験相談にお越しください。

それぞれの科目で何をどのように勉強すれば良いかお教えします。

 

「まだ受験まで時間あるし勉強しなくてもいいや」

と思っている人は残念ながら「合格しない人の考え方」です。

合格する人は言い訳せずにすぐに行動します。

あなたはどちらですか?

 

無料受験相談の申し込みはこちらをクリック

 

この記事を読んだ人にオススメの記事

高校2年生の冬から勉強を始めるメリット

津田沼で個別指導の予備校を探しているなら武田塾!

 

武田塾津田沼校のブログ記事一覧

ページ上部へ戻る