オススメ参考書レビュー:英文読解入門 基本はここだ!

こんにちは 大学受験予備校の武田塾津田沼校です。

今日紹介する参考書は「英文読解入門 基本はここだ!」です。

東進ハイスクールの西きょうじ先生が書いた参考書ですね。

西きょうじ先生が書いた参考書といえば「ポレポレ」が有名ですが、

「基本はここだ!」はポレポレよりも基礎のレベルを扱った参考書になります。

それでは早速紹介していきます。

◯「基本はここだ!」はこんな人にオススメ!

・英単語と英文法を覚えたけどなぜか英文が読めない

・長文をフィーリングで読んでしまっている

・英文を正確に訳せるようになりたい

 

こんな人にオススメです。

基本的な英文法を覚えていないと理解できないので、

まだ英文法が固まっていない人は「大岩のいちばんはじめの英文法」をやりましょう。

大岩のいちばんはじめの英文法のレビューはこちら


◯参考書の内容

この参考書は英文読解入門と書かれている通り、英文の読解の仕方を教えてくれます。

簡単に言うと「英語を読める人はこんな風に考えながら英文を読んでるよ!」ということが書かれています。

構成としては、英語の例文があり、その下にどのように考えれば例文を和訳できるかが詳しく書いてあります。

この例文の下に書いてある和訳のプロセスを理解することで、別の英文も和訳できるようになります。


◯参考書の使い方

例文を見て、まずは自力で和訳をしてみましょう。

この時に、和訳は紙に書いてください。

 

そして、例文の下に書いてある読解プロセスを読みましょう。

「どのように考えれば正しい和訳ができるのか」をしっかり理解しましょう。

 

読解プロセスを理解したら、例文をもう一度自分で和訳してみましょう。

和訳する時に読解プロセスを再現できれば完成です。

 

余裕がある人は例文を何度も声に出して暗唱しましょう。

例文を暗唱すると、新しい英文を読む時に「これは暗唱した例文と形が同じだ!」とすぐに気付けてスムーズに和訳できるようになります。

 

注意点としては例文の和訳を丸暗記しないようにしましょう。

読解プロセスを覚えずに和訳だけ覚えても意味がありません。


◯参考書を終えた時の成績

この参考書を終えると、「センターレベルの英文が英単語さえ分かれば読める」という状態になります。

英語の試験は単語、文法、長文全てができて初めて得点できるようになるので、

この参考書を終えたあと、「英語長文レベル別問題集」のレベル3などをやって長文に慣れましょう。


以上が「英文読解入門 基本はここだ!」のレビューになります。

英語長文に入る前にこの参考書を読んでおくと非常に役立つので、

ぜひ読んでみてください!

 

武田塾津田沼校では、このように具体的な参考書の使い方をお教えしています。

「今の自分に合っている参考書を教えて欲しい!」という人は無料受験相談までお越しください。

あなたの模試の点数を上げるのに最適な参考書をお教えします。

無料受験相談の申し込みはこちらをクリック

 

この記事を読んだ人にオススメの記事

オススメ参考書レビュー:大岩のいちばんはじめの英文法 超基礎文法編

参考書学習だと成績が上がる理由

 

武田塾津田沼校のブログ一覧



ページ上部へ戻る