Category

文学の話

文学の話

こんにちは、市川市の大学受験予備校、武田塾市川校高田です。

最近は勉強をやらなきゃダメだ、ダメなんだというような内容が続いておりましたので、今日はちょっと違う方向のお話をさせていただきます。


-shared-img-thumb-MAR85yousyohondana20130907_TP_V

我らが市川校はそのまま千葉県市川市にあります。

そんな市川市ゆかりの人に、大久保康雄という人がいます。

英米文学の翻訳家で、市川市に約45年間住んでいたそうです。

名前を聞いたことがないという方も、翻訳された作品は読んだことがあるという人多いのでは。

例えばシャーロックホームズの事件簿、トムソーヤーの冒険、武器よさらば、ロリータなどなど。

オー・ヘンリーの短編作品などは学校の授業で読んだという人もいるかもしれません。

別の翻訳家によって新たに翻訳されているものもあるでしょうが、おそらく古本屋などにはまだまだ並んでいるものもあると思います。

その翻訳をした人が長く市川で活躍していたと聞くと、市川市は本当に文学とつながりの深い街だと実感しますね。

この大久保康雄という人ですが、専門翻訳家の先駆けと言われているそうです。

翻訳家の多くが大学などで教えながら翻訳をやっている中、翻訳を専門に行っていたとのこと。

大学は慶應義塾大学の英文科に入学。

やはり文学系の学部はその方面には強いですね。

生徒さんと話している中で、文学部は未来がないから嫌だ、という人がいます。

もちろん、翻訳家や小説家など簡単になれる職業ではありません。

しかし、外国文学を学ぶなかで得た語学力を活かした仕事に就く人もいます。

これは他の学部にはない強みだと思います。

就職する上で、大学名や学部名が一切関係ないとは言えません。

それでも、選んだ学部によって自分の未来が真っ暗になる、ということはないと思います。

それよりも、胸を張って「大学ではこんなことを学びました」と言えるように意識して大学生活を過ごすほうが大事ではないでしょうか。

ぜひ、学部選びでは、自分のやりたいことは何かということをよく考えてください。

「就職に有利そうだからこの学部、本当は別のことやってみたいけど」

こんな状態で進学しても勉強は長続きしづらいですよ。

Category

Keywords

関連記事

コラム

津田沼で予備校を探す前に読む記事

こんにちは 津田沼にある大学受験予備校の武田塾津田沼校です。 今日は、津田沼で予備校を探している人向けの記事を書きます。 色々な予備校の説明を聞きに行く前にまずはこの記事を読んでみてくださいね。   ◯予備校で授業を受け […]

武田塾津田沼校
コラム

体調管理が志望校合格のために1番大事!?

  センター試験も入試本番も迫ってきましたね! 当日は皆さんがこれまで努力してきたことを最大限に発揮することが大切です。   試験本番や直前に体調を崩してしまっては、これまで積み重ねてきたことが十分に […]

武田塾船橋校
コラム

その1点を削り出せ!!

こんにちは!講師の米田です!! 僕の本業は講師ですが、本日は事務を担当させていただいております(笑)普段とは違う仕事をすることにより、新たな刺激が加わったり、これまでと違う視点で教室を見ることができ、新鮮でした。 勉強の […]

武田塾津田沼校
コラム

新年に向けて…

みなさん、こんにちは!事務の髙橋です☺ この前久しぶりに出勤したかと思いきや、今は頻度高めです(笑) みなさんは、クリスマスどのように過ごしましたか?? クリスマス・イヴは多くの生徒さんが毎週土曜に開催され […]

武田塾千葉校