Category

文学の話

文学の話

こんにちは、市川市の大学受験予備校、武田塾市川校高田です。

最近は勉強をやらなきゃダメだ、ダメなんだというような内容が続いておりましたので、今日はちょっと違う方向のお話をさせていただきます。


-shared-img-thumb-MAR85yousyohondana20130907_TP_V

我らが市川校はそのまま千葉県市川市にあります。

そんな市川市ゆかりの人に、大久保康雄という人がいます。

英米文学の翻訳家で、市川市に約45年間住んでいたそうです。

名前を聞いたことがないという方も、翻訳された作品は読んだことがあるという人多いのでは。

例えばシャーロックホームズの事件簿、トムソーヤーの冒険、武器よさらば、ロリータなどなど。

オー・ヘンリーの短編作品などは学校の授業で読んだという人もいるかもしれません。

別の翻訳家によって新たに翻訳されているものもあるでしょうが、おそらく古本屋などにはまだまだ並んでいるものもあると思います。

その翻訳をした人が長く市川で活躍していたと聞くと、市川市は本当に文学とつながりの深い街だと実感しますね。

この大久保康雄という人ですが、専門翻訳家の先駆けと言われているそうです。

翻訳家の多くが大学などで教えながら翻訳をやっている中、翻訳を専門に行っていたとのこと。

大学は慶應義塾大学の英文科に入学。

やはり文学系の学部はその方面には強いですね。

生徒さんと話している中で、文学部は未来がないから嫌だ、という人がいます。

もちろん、翻訳家や小説家など簡単になれる職業ではありません。

しかし、外国文学を学ぶなかで得た語学力を活かした仕事に就く人もいます。

これは他の学部にはない強みだと思います。

就職する上で、大学名や学部名が一切関係ないとは言えません。

それでも、選んだ学部によって自分の未来が真っ暗になる、ということはないと思います。

それよりも、胸を張って「大学ではこんなことを学びました」と言えるように意識して大学生活を過ごすほうが大事ではないでしょうか。

ぜひ、学部選びでは、自分のやりたいことは何かということをよく考えてください。

「就職に有利そうだからこの学部、本当は別のことやってみたいけど」

こんな状態で進学しても勉強は長続きしづらいですよ。

Category

Keywords

関連記事

コラム

知る一年に

こんにちは、市川市の大学受験予備校、武田塾市川校高田です。 正月熊本写真シリーズは本日で最後となります。 本日の写真は漁船の大漁旗になります。 元旦に撮影したもので、正月飾りに国旗に大漁旗にと見るからにおめでたい一枚とな […]

武田塾市川校
コラム

保護者は人生の先輩です

新しい週が始まりましたね。 今週もぐずついた天気が続きそうですが、頑張っていきましょう。 市川市の大学受験予備校、武田塾市川校高田です。 本日は勤労感謝の日。 高校生は三連休の最終日という人も多いかもしれませんが、休み明 […]

武田塾市川校
コラム

センター試験まで残り70日だ!

こんにちは! センターまで、残り70日となってしまいました。 焦っている生徒さんも多いと思います。 私は、主に英語を担当しているので、英語について話をしたいと思います。 英語は、この時期でもまだ固まっていない生徒さんが多 […]

武田塾津田沼校
コラム

センター試験の自己採点について

  こんにちは、何気にちょこちょこ登場する講師の新井です。   もうセンター試験も間近に迫ってきていますね。 もうここまできたら、調整をするのみ!! 私立組の皆さん、確かにメインは一般受験です。 しか […]

武田塾船橋校