Category

繰り返しのプロセスについて

講師の菊池です。困ったことに長文を書くことになってしまいました。

今日は”繰り返し”に関して少し思ったことを書かせてもらいます。

kurikaeshi

受験生の皆さまは、繰り返しといえば思い浮ぶのは単語熟語でしょうか。

一つの単語帳を決めて延々と繰り返し暗記をより正確なものにしていきますよね。

4月から受験を意識し始めた方はどれくらい単語帳は進みましたでしょうか?

一月続けて気のゆるみ、飽きが来ている方はいませんかね?

僕は一月も同じ本を読んでいると飽きちゃうんですけれども。

ちょこっと前まで言語学の分野では、”模倣と強化”の”繰り返し”によって赤ン坊は言語を習得していると考えられていたようです。

模倣は言葉通り真似っこです、親の言った言葉を真似る。

強化は、うまく真似れたときに親にほめられることですね。

ほめられることで、その言葉が正しいということを認識する、と考えられていたようです。

例えばスペリングに注目してみましょう。正しいスペルを覚えるために何度も単語帳から”写し”て、模試や単語テストを通じて結果を出すことで”自己肯定”をする。

これが僕らが英語を勉強するときの”模倣と強化”の”繰り返し”になるのではないかと僕は思っています。

”模倣と強化”のモデルは赤ン坊の言語習得の時にはまったく正しくないことが現在の言語学の世界における常識のようですが、

僕ら受験生にとっては、少なくともほんの少しは(僕個人は大いに正しいと思っていますが)正しいように思います。

気合根性やる気に満ち溢れた役に立たないアイデアですが、もしかすると、繰り返し物事を練習するということは受験生にとっても、

僕ら大学生にとっても、それらに限らず勉強をしている人たちにとってはベースとなるアイデアなのかもしれません。 踏ん張ってベースをこなしましょう。応援してます。

Category

Keywords

関連記事

コラム

東進ハイスクールってどんな塾?特徴と評判

こんにちは!武田塾です。   今回は東進ハイスクールの特徴・評判についてご紹介します。 「予備校を探してる!」という高校生・浪人生はぜひ参考にしてみてくださいね。   ◇東進ハイスクールの特徴 &nb […]

武田塾
コラム

津田沼校改革(^^)

皆さんこんばんは。 お久しぶりです。事務の喜田です(^^) 4月も下旬となりましたね。 新生活をスタートした皆様もたくさんいらっしゃるとは思いますが もう慣れましたか?☆   武田塾津田沼校でも新しい講師の先生が続々と入 […]

武田塾津田沼校
コラム

年末開校のお知らせ

みなさんこんにちは。事務の松本です。 おでんが食べたい季節ですね~。 私今までコンビニのおでんを食べたことがなかったのですが、今年初めて食べてみました! とってもおいしかったです(みなさんご存知のことですよね(笑))。 […]

武田塾千葉校
コラム

センター試験直前対策会

皆さんこんにちは!武田塾津田沼校事務の武富です(*^^)v 更新が空いてしまいましたね、、、!   今日で2015年も終わります! 1年間を振り返ってみてどうでしたか?2016年に向けて目標は立てられましたか? […]

武田塾津田沼校