Category

覚えたことを入試まで忘れないようにする勉強法

覚えたことを入試まで忘れないようにする勉強法

 
こんにちは!
JR内房線木更津駅から徒歩4分、

大学受験予備校の武田塾木更津校です!

 
本日の記事は
「覚えたことをすぐ忘れてしまう・・
ずっと覚えていられる方法は無いの?」
 
という方にお話します。
 
「忘れる」という行為は生きる上では
かなり重要な行為です。
もし行ったこと、起ったことを
全て覚えていたら確実に
おかしくなってしまうでしょう。
 
しかし、大学受験においては
一度やったことを覚えていないと
中々点数は伸びて来ません。
 
「私は暗記力がない」と思っている方は
是非読んでみてください。
 

 

○長期記憶その1:習慣的記憶

 
長期記憶にはいくつか種類がありますが、
そのうちの一つが
 
「生きるのに関わると脳が判断したこと」
 
だそうです。
確かに、ご飯の食べ方や服の着方などは
忘れそうにありませんよね。
しかし、大学受験の英語や数学は
「生きるのに関わる」とは
言えそうもありません。
 
では、どうすれば良いのでしょうか。
 
人間の脳は
「1日の中で複数回起こりかつ習慣的に行うこと」
を「生きるのに必要なこと」と判断するそうです。
つまりこれを意図的に行えば、
「忘れない記憶」を作ることができます。
 
その方法としては
 
①一日の中でたくさんの時間まとめてやるのではなく
 時間を小分けにして複数回やること
(例:単語100個なら
朝と夜に同じ範囲を声に出して読む)
②1週間同じ範囲を毎日行うこと
 
になります。
 

○長期記憶その2:宣言的記憶

 
記憶は自分の外に出したときに
(書く・言うなど)
長期記憶となります。
 
先生と言われる人達が膨大な量の
ことを覚えていられるのは
定期的に知識をアウトプットするからなのです。
 
頭の中で「覚えた・覚えてない」を
判断するのではなく、
「実際に声に出して言えるか」
「実際に書けるか」
「覚えたことを人に説明できるか」
で判断しましょう。
 
記憶の「確認」だけではなく、
記憶そのものを長期のものにすることが出来ます。
 
インプットした知識はアウトプットしてみて
初めて「記憶」として長期保存されるのです。
 
つまり、覚えたことを
③「誰かに表現・説明してみる」こと
が長期記憶のためには多いに役立ちます。
 
家族・友達・先生などで
実践してみてはいかがでしょうか。
 

○まとめ

①一日の中で時間を小分けにして複数回やること

②1週間毎日行うこと

③覚えたことを誰かに表現・説明してみること

 
是非試してみてください。
 
武田塾木更津校ではこのように
勉強中の悩みに対して具体的な解決策を提示します。
今勉強について抱えている悩みがある方は
是非武田塾の無料受験相談にお越しください。
 
「いつまでに」
「何を」
「どうやって」
「どれくらい」
やればいいのかをご提案させていただきます。
 
木更津校に受験相談を申し込む
 
 
この記事も良く読まれています。

武田塾は本当に成績があがるのか?【木更津校の場合】

「自分の強み」と「センス」の話

高2のうちに受験勉強って始めたほうが良いの?

高2のうちにやっておくべき科目は?

時間がない部活生が成績をあげる3つの方法

大学選びの基準とは? ①決め方の基本

 
 

Category

Keywords

関連記事

コラム

センター試験まで残り1か月!

皆さんこんにちは!武田塾津田沼校事務の武富です(*^^)v 昨日と、一昨日は急に気温が下がりましたね(´;ω;`) みなさん体調は崩していないでしょうか? 私は風邪をひいてしまいました!!!(泣) テストやらレポートやら […]

武田塾津田沼校
コラム

量をこなそう ~Over the limit~

こんにちは!講師の米田です。12月も中旬に入り、年越しも迫ってきましたね。高校時代に陸上競技部に所属していた僕は、「走り納め」と称して、クリスマスにボロ雑巾になるまで走らされグラウンドで失神しかけてました(笑) 皆さんも […]

武田塾津田沼校
コラム

受験に対しての目線

おはようございます、こんにちは、こんばんわ。なんだかんだで武田のブログを書くのが初めての講師の岩井です。 今日はシルバーウィークの途中であり敬老の日ですね。いつもお世話になっているおじいちゃんおばあちゃんに何かしら送って […]

武田塾津田沼校