Category

大学受験・英語の勉強法

大学受験・英語の勉強法

こんにちは!講師の五十君です!
ずっとブログを書いてみたかったので、高校生の皆さんにお伝えしたいことを今回は伝えたいと思います!
 
 
大学受験英語と講師を経験して、高校生に伝えたいポイントは大きく分けて3つあります。
 
第1に、早いスタートを切れば切るほどより優位に勉強をすすめられるということです。
私は高校二年生の11月(修学旅行が終わった後)から本格的に受験勉強を始めました。
この時は英単語帳(ターゲット1900)と英文法(ネクステージ)を中心に勉強しました。
毎日2時間ほどの勉強時間でしたが、高校3年生になり本格的な受験勉強をするための基礎を固めることができたのではないでしょうか。
長文を読むためには単語、熟語、文法の基礎が固まっていることが前提になります。
長文演習を始めるために早いスタート切ることはやはり優位でしょう。
 
引退するまでは全力で部活動に取り組んでいたので、時にはしっかりとした勉強時間を確保できないこともありました。
時間がある受験生は何冊も何冊も参考書をこなしていて自らの勉強時間に不安を抱くこともありました。
こで気づいたことは、“量”より“質”だということです。私が伝えたい第2のポイントは“質“の大切さです。
1冊の参考書をどこまで突き詰め、自分のものにできるかが英語力に直結するでしょう。
試験本番の際の不安をかき消してくれるのは、何冊の参考書をこなしてきたかという”量“より、
出会った参考書からどれだけのことを吸収できたかという”質”に対する自信です。
それでは、“質”に対する自信はどのように培っていけばいいのか。ぼろぼろになるまでやりこむこと、これが唯一無二の正解だと私は考えています。
この点は伝えたい第3のポイントになります。言われてみれば当たり前のことですが多くの受験生ができていないことです。
何度も何度も繰り返し同じ問題を解くことは、飽きっぽい性分の受験生にとって難しいことになります。
成績を上げるにはこの難しさと向き合わなくてはならないでしょう。
 
塾講師の仕事をしている中で伸び悩む生徒に共通して見られるのはすぐ次の参考書に進みたがることです。
一度手を付けた参考書を徹底的にやり込まずに他の参考書をやりたがる生徒は、手を付けた参考書の数に満足し、
その数に偏差値も比例するという誤った認識を持ってしまった受験生です。
この誤った認識を解き、“質”にこだわった指導をするのが武田塾の特徴でもあります。
 
以上です。
 

武田塾津田沼校では、

・効率的な勉強の仕方
・入試までの勉強の進め方
・成績が上がるオススメの参考書
・志望校の決め方
・模試の復習の仕方

等を無料でお教えしています。

他にも受験に関するお悩みでしたら何でもご相談に乗りますので興味のある方は下記のお問い合わせフォームからお申し込みいただくか、津田沼校に直接お電話ください!

Category

Keywords

関連記事

コラム

試験のあと、、

こんにちは、武田塾市川校事務の岩松です!! 2月もいよいよ終わりを迎え、徐々に暖かくなり、春の訪れを感じつつあります❀ それとともに私は花粉に悩まされています(+o+) 最近は受験結果を伝えに来る生徒さんや進路が決まり挨 […]

武田塾市川校
コラム

やる気が出ないこの時期には。

  かわいいですね!(^^)!癒されますね!(^^)! こんにちは!事務の松本です。 なぜ突然パンダの画像かといいますと実は今日、 上野動物園でパンダのカンカンとランランの一般公開が開始された日 なんです(*^ […]

武田塾津田沼校
コラム

体調管理は大丈夫ですか?

こんにちは、少し間が空いてしまい悔しい気持ちの、市川市の大学受験予備校、武田塾市川校高田です。 更新できなかった間、個人的に食あたりで苦しんでおりました、お恥ずかしい。 先週の木曜日に友人と食べた焼き鳥が、今週月曜日の早 […]

武田塾市川校
コラム

決まった人、まだ頑張る人

皆さんこんにちは! 新しく講師になった渡邉です 僕は先週まで生徒としてこの塾にいたのですが受験が終わって武田塾に講師として通うことになりました。 やはり講師は生徒の目線を知っていたほうがいいですよね~ さて、そんなつい最 […]

武田塾千葉校