Category

3ヶ月でマーク模試の英語で8割取る方法

3ヶ月でマーク模試の英語で8割取る方法

こんにちは!武田塾津田沼校の福本です。
今日は高校3年生の9月の時点で英語の偏差値が40台だった僕が、
そこから勉強してセンター本番で8割を取った時の勉強法をお教えします。
「英語が苦手・・・」という方もこの勉強を行えば必ず成績が上がります。


◯英語の勉強する順番(具体的な勉強法を知りたい人は下まで飛ばしてください)

受験英語は長文読解が8割を占めていると言っても過言ではありません。
ですから、英語の勉強は「英語の長文を読めるようになること」を目標にしましょう。
 
では、どうすれば英語の長文が読めるようになるのか?
長文は英単語で構成されているので、まず英単語を覚えなければ絶対に読めるようにはなりません。
どのような単語帳でも良いので1冊選び、その中に載っている英単語の和訳を答えられるようにしましょう。
 
次に、英文法です。
英文法は「長文を読むのに必要な英文法」と「文法問題を解くのに必要な英文法」の2種類があります。
多くの人はいきなり文法問題を解くのに必要な英文法を勉強しようとして挫折します。
しかし、長文を読むのに必要な英文法はそんなに覚えることが多くありません。
ですから、まずはそちらを優先して覚え、ある程度長文が読めるようになってきたら文法問題用の問題集を始めましょう。
 
最後に長文です。
英単語と英文法を一通り覚えると、簡単な英文だったら意味がわかるようになります。
勉強した英単語と英文法を意識しながら、正確に1文ずつ構造を把握し、和訳していきましょう。
詳しい勉強方法は後述します。
 
英語の勉強法はこのように「英単語→英文法→長文」という流れになります。


◯具体的な勉強法

◯英単語
英語の勉強は最初が一番大変です。
英単語は気合を入れて1ヶ月で1000語ほど覚えましょう。
僕の場合は1ヶ月間は英単語以外の勉強は何もしていませんでした。
それでは具体的な英単語の覚え方をお教えします。
 
・英単語の基本的な覚え方
英単語帳は左側に英単語、右側に和訳が書いてあると思います。
①まずは英単語を発音し、次に右側の和訳を声に出しましょう(色々意味がある場合まずは1つだけ覚えれば大丈夫です)。
②英単語と和訳を声に出したら、次は目を閉じた状態で英単語と和訳を3回声に出しましょう(頭の中で英単語と和訳を繋げるイメージ)。
③3回声に出したら次の英単語も同じように、見ながら声に出す→見ない状態で3回声に出すを繰り返しましょう。
この作業を余裕があれば300語くらい行いましょう(1時間くらいでできます)。
できれば1日に2時間以上かけて同じ範囲を2周以上はしましょう。
 
・補足
1週間は同じ範囲を繰り返すことをおすすめします。
例えば1日目に1〜300番の英単語を覚えたら、2日目も1〜300を覚えましょう。
1週間同じ範囲を繰り返したら、301〜600番の英単語も同じように1週間行いましょう。
これを1ヶ月繰り返し、1000語程覚えたら英文法の勉強に移りましょう。
ちなみにおすすめの単語帳は「システム英単語」です。



◯英文法
今回は「長文読解に必要な英文法」の説明だけします。
正直これは「大岩のいちばんはじめの英文法 超基礎文法編」を読むだけです。
この参考書は中学レベルから高校レベルまでの基礎的な英文法を扱っています。
長文を読む上で大切な「助動詞」「不定詞」「関係詞」「分詞」はしっかり理解しましょう。
1日3章〜5章くらいのペースで進めれば1週間ほどで終わります。
復習を兼ねて2週間ほどで終わらるようにしましょう。
ここまで来たら後は長文を読んでいくだけです。



◯長文
英単語を1000語ほど覚え、大岩のいちばんはじめの英文法を読み終えたらいよいよ長文を始めましょう。
おすすめの参考書は「大学入試英語長文ハイパートレーニング」シリーズです。
こちらを使う前提で長文の勉強法を書いていきます。
 
・問題を解く
普通に問題を解いて解説を読みましょう。
正直最初のうちはほとんど読めないので面倒であれば問題を解く必要はありません。
この次の勉強が大切になってきます。
 
・精読をする
英語長文ハイパートレーニングシリーズは問題文の英文1文1文に解説がついています。
この解説を読みながら構造を把握し、なぜその英文がその和訳になるのかを理解しましょう。
これをせずにただ英単語だけ読んでなんとなく理解していると難しい文章になった時に読めません。
 
・音読をする
長文を全て精読し終えたら文章全体を音読しましょう。
音読をすることで英語の構造が頭の中に入っていきます。
この時に、文の構造と和訳を意識しながら音読しましょう。
意味もわからずにただ声を出しているだけでは英語は読めるようになりません。
回数としては1つの長文につき5回程度音読を行いましょう。
この音読を行うかどうかで英語の成績の伸び方は変わってきます。


◯まとめ
①英単語を覚える
②最低限読解に必要な英文法を覚える
③長文を精読した後に5回音読する
英語の勉強はこれだけです。
たいていの人は英語の長文を1回解いただけで終わっているのでいつまで経っても成績が上がりません。
精読をした後に必ず繰り返し音読しましょう。
1回しか読まないのであれば、それは読んでいないのと同じです。


いかがでしたか?
少々長くなってしまいましたが、僕がSVOCすらわからなかった状態から約3ヶ月でセンター8割を取った勉強法を書きました。
これから英語を勉強する人、英語が苦手な人は参考にしていただければ幸いです。
 
武田塾ではこのような勉強法を「無料」でお教えしています。
興味のある方は無料受験相談までお越しください。
 
◯無料受験相談の申込方法◯
ネットでお申込み→こちらをクリック
お電話でのお申込み→武田塾津田沼校:047-478-1607 (「受験相談希望」とお伝えください)

Category

Keywords

関連記事

コラム

努力は裏切らない

みなさん、こんにちは!事務の髙橋です(*’ω’*) 久しぶりの出勤になります~♪ 試験に行っている人やもう終わった人もいるため、以前よりも生徒さんが少ないです… 久しぶりの出勤なのにな […]

武田塾津田沼校
コラム

船橋市で文系の予備校をお探しなら武田塾船橋校

こんにちは 船橋市にある船橋駅が最寄りの武田塾船橋校です。 この時期になると予備校を探している人が増えてきますね。 ただ一言で予備校と言っても、それぞれの予備校に特徴があります。 私立文系の合格者を多く出している予備校、 […]

武田塾船橋校
コラム

満点をとるという目標を掲げる理由

皆さんこんにちは!講師の田中です(‘ω’) 今日、8月21日は『パーフェクトの日』だそうです。 受験生の皆さんは満点というものにこだわって勉強できているでしょうか?? 武田塾では科目ごとに特訓前テ […]

武田塾千葉校
コラム

時間が増えたら何をする?

12月最初の土曜日ですね、市川の大学受験予備校、武田塾市川校高田です。 明日武田塾市川校では、耐久イベントというものを実施します。 以前にやった単語耐久イベントというものがありますが、それを単語だけに限定せずに実施するも […]

武田塾市川校
コラム

地方を盛り上げる勉強

こんにちは、センター試験まで残り9日と迫りました。 市川市の大学受験予備校、武田塾市川校高田です。 高田は年末年始に祖父母の住んでいる熊本で過ごしました。 写真はそこで撮影したものになります。 海底に伸びる線路、何かロマ […]

武田塾市川校