Category

津田沼の予備校で医学部を目指すなら武田塾津田沼校

津田沼の予備校で医学部を目指すなら武田塾津田沼校

津田沼にある大学受験予備校の武田塾津田沼校です。
今日は津田沼の予備校で医学部を目指すなら武田塾津田沼校がおすすめな理由を説明したいと思います。

◇そもそも医学部受験の特徴は?
◯圧倒的な難易度の高さ
医学部は通常の学部に比べて難易度が圧倒的に高いことで有名です。
偏差値も他学部と比べる10近く違ったりします。
例えば、地方の国公立でも医学部になると東京大学の普通の学部と難易度がほとんど変わらなかったりします。
そのような難易度のため、医学部合格を目指して何度も浪人する方や、
一度社会人を経験したものの、医者を目指して再受験する方もいます。
 
◯面接試験がある
そして医学部は一般試験の難易度が高いのはもちろんですが、面接試験もあります。
面接では志望理由など、基本的な内容が聞かれます。
学力でなく、きちんとした志を持っていないと医学部には合格できないわけですね。
 
◯再受験、多浪生に寛容ではない大学がある
普通の学部は入試で良い点を取れば年齢に関係なく合格することができますが、
医学部は大学によっては年齢が高い再受験、多浪生だと合格できない場合があるそうです。
東京大学や信州大学は再受験生に寛容なことで有名ですね。
調べれば寛容な大学、そうでない大学がわかるので、
再受験を考えている社会人の方は自分が行きたい医学部が再受験に寛容かどうか必ず調べましょう。
 
◯私立大学は学費が非常に高い
通常の学部は4年制ですが、医学部は6年制になります。
国公立の場合、学費は学部に関係なく年間で56万円程度です。
医学部に6年間通ったとしても、300万円ちょっとになります。
 
しかし!!
私立大学の医学部は6年間で2000万円〜4000万円ほどかかります。
通常の私立文系学部が4年間で400万円くらいだとすると、約10倍になりますね。
一般家庭の年収が600万円だとすると私立の医学部に子供を通わせるのはかなり厳しいです。
そういった理由で医学部に通っている人の親は医者の方が多いです。
一般家庭から医学部を目指すのであれば難易度は高いですが費用が安い国公立を狙いましょう。
 
◇医学部専門予備校の特徴
◯医学部入試を熟知している
先ほど書いた通り、医学部入試は他の学部と比べて難易度や形式が特殊になっています。
医学部専門の予備校はそういった傾向にどう対応するか具体的に教えてくれます。
医学部受験予備校のメディカルラボは医学部受験の情報量を売りにしていますね。
 
◯他の予備校に比べて学費が高い・・・
医学部の情報をたくさん持っている医学部専門予備校ですが、ひとつだけ懸念点があります。
それは他の予備校に比べて学費が高いということです。
医学部受験予備校のメディカルラボは高卒生科の国公立医学部受験コースの年間授業料が4,335,000円です。
普通の予備校が年間100万円〜200万円だとすると、倍以上の学費になってしまいます・・・。
この学費を払える家庭には良いと思いますが、一般家庭だと少し難しいですね・・・。
 
◇武田塾津田沼校の特徴
さて、ここまで医学部受験の特徴や、医学部専門予備校の話をしてきました。
次になぜ武田塾津田沼校が医学部受験をする際におすすめなのか説明したいと思います。
 
◯授業をしないスタイルで短期間で成績を上げられる
武田塾は授業をしない塾として有名です。
授業だと、自分が理解している部分を聞かないといけなかったり、自分のレベルに合ってなかったりして非効率です。
しかし、武田塾は参考書を使って自学自習をしてもらうので、
自分の理解している範囲は読み飛ばし、自分の苦手な分野のみ徹底的に勉強することができます。
さらに、授業のように予備校にいかなくても場所を選ばず勉強できるので、時間を無駄にすることがありません。
 
◯完全個別指導であなただけのカリキュラムを作成!
武田塾は完全個別指導で
「いつまでに」「何を」「どのように」勉強すれば志望校に合格できるか教えています。
つまり、武田塾があなただけの個別カリキュラムを作成し、
あなたはそれにしたがって勉強するだけで志望校に合格できるのです。
 
◯千葉大学医学部の講師在籍!
武田塾津田沼校は現役千葉大学医学部生の講師が在籍しているので、
医学部の対策や、医学部に入ってからの勉強について聞くことができます!
これは武田塾津田沼校ならではの強みですね。
実際に武田塾から、東京医科歯科大学医学部医学科、東京慈恵会医科大学医学部医学科、順天堂大学医学部医学科、群馬大学医学部医学科、富山大学医学部医学科などに合格している人がいます。
 
いかがでしたでしょうか。
以上が津田沼の予備校で医学部を目指すなら武田塾津田沼校がおすすめな理由になります。
「今の成績は良くないけど医学部に合格したい!」という人はぜひ無料受験相談におこしください。
再受験を考えている社会人の方でも大丈夫です。
 
無料受験相談のお申し込みはこちらをクリック
 
こちらの記事を読んだ人は下記の記事も読んでいます。
津田沼で理系の予備校をお探しなら武田塾がオススメな理由
津田沼で浪人するならどの予備校がいいの?
参考書学習だと成績が上がる理由
来年度のセンター英語で180点以上取る勉強法

Category

Keywords

関連記事

コラム

去年今年

こんにちは、市川市の大学受験予備校、武田塾市川校高田です。 今日も正月熊本写真シリーズです。 今回の写真は神社の中から撮ったもの。 鳥居の先に海があるというロマンティックが止まらない一枚となります。 みなさんは初詣には行 […]

武田塾市川校
コラム

新任高田の一言

こんにちは、今週から市川校で教務をやらせていただいています、高田です♫ 暑い日が続きますね、本当に熱中症に注意しなければ、という気候です。 生徒さんによっては夏休みということもあり、早い時間から自習を黙々とやっている生徒 […]

武田塾市川校
コラム

なぜ勉強するのか

こんにちは! 津田沼校講師の長田です。 受験までのカウントダウンが迫ってきて焦りを感じている受験生や逆にワクワクしている受験生も色々いると思います。 そんな中、勉強に対するモチベーションが上がらない人もいると思います。 […]

武田塾津田沼校
コラム

しっかり勉強できていますか?

はじめまして!講師の小形雄大です。ブログ初投稿なのでお手柔らかにお願いします。。。 さて、今日は自分の受験生時代の夏休みについて書いていこうと思います。夏休みと聞くと、海、花火、祭り、BBQなど楽しいこと盛りだくさんでハ […]

武田塾津田沼校