Category

明治大学の英語対策【入試傾向から具体的な対策まで】①

明治大学の英語対策【入試傾向から具体的な対策まで】①

津田沼にある大学受験予備校の武田塾津田沼校です。
今日は受験者数が非常に多い、明治大学の英語の対策についてお話ししたいと思います。
その中でも、看板学部の政治経済学部の英語の傾向と対策についてお話しします。

◇明治大学政治経済学部の英語の傾向や特徴
◯英語の配点
明治大学政治経済学部の英語の配点は3教科で350点満点中、英語が150点を占めています。
国語と社会科目(もしくは数学)の配点がそれぞれ100点なので、英語の配点は1.5倍ということになります。
つまり、明治に合格できるかどうかは英語にかかっていると言っても過言ではありません。
 
◯問題の傾向
制限時間60分
明治大学政治経済学部の英語は大問が3つあります。
大問1は長文を読み、設問に答えていく形になります。
 
◯大問1の設問内容
1、下線部の英単語の意味として適切なものを選択肢から選ぶ
この問題は単純に語彙を知っているかどうかではなく、文脈を理解し、その文章中でどういう意味で使われているかを理解することが大切です。
例えば「buy」という単語に下線部があって、選択肢が「gain」「multiply」「pay」「purchase」だった時に、
何も考えずに「buy」は「買う」だから「purchase」だ!と答えると間違いになります。
文章中では「buy valuable time」と使われていたので「大切な時間を手に入れる」という意味で「gain」が正解になります。
 
2、空欄に適切な前置詞を入れる
この問題は句動詞(動詞+前置詞で1つの意味になるもの)の知識や、前置詞のニュアンスの理解、そして文脈判断が大切になります。
難易度がバラバラで、「選択肢を見なくても正解がわかるもの」「選択肢を見れば正解がわかるもの」「選択肢を見ても全然正解がわからないもの」があります。
全然正解がわからないものに時間をかけるのはもったいないので、わからなければ適当にマークするのも戦術の1つです。
具体的な勉強法としては熟語帳を1冊完璧に覚えると良いでしょう。
 
3、短めの文章を文章中の適切な箇所に挿入する
単純に前後の文脈から正解を選べる人はそのやり方で大丈夫です。
もしくは、空欄の前後で文章がつながっていないものがあればそれが正解です。
英文自体をしっかりと和訳できていれば、間違えることはない問題だと思います。
もし、この問題が苦手なのであれば現代文の勉強に力を入れた方が良いかもしれません。
 
4、下線部の意味と同様の表現を選ぶ
下線部の英単語の意味がわかれば考えなくても正解が選べますが、
もし英単語の意味がわからない場合は前後から推測しましょう。
2017年度だと「it is English monoglots in particular who work in their own language, joined by non-native polyglots working in English too. 」と文章があります。
この場合「English monoglots」は「who work in their own language」とあるので、「母国語(英語)を使って仕事をする人」ということになります。
そして「non-native polyglots」は「working in English too」と書いてあるので「英語を使う人」になりますね。そして「non-native」と書いてあるので「英語は母国語ではないが英語を使う人」という意味になります。
ここまでわかれば正解を選べます。
 
5、空欄に適切な英単語を挿入する
文脈判断の問題です。
普通に前後の英文が読めていれば解ける問題ですが、
根拠になる英文が結構遠くにあったりするので注意です。
 
以上が大問1になります。
難しいのは2番くらいで他は全問正解できるでしょう。
 
ここまで大問1の入試傾向を書きましたが、いかがでしたでしょうか。
 
「入試では何が求められていて、何を勉強すれば問題を解けるようになるのか」を考えて勉強しましょう。
そうしないと「勉強時間は多いけど成績はまったく上がらない、問題は全然解けない」ということになってしまいます。
 
受験は「戦略」が全てです。
ゴールを設定し、そのゴールを達成するために何をいつまでに終えるべきか考えて実行する。それだけです。
武田塾では個人別カリキュラムを設定し、その生徒が志望校に合格するためには「いつまでに」「何を」「どのように」やれば良いかを全て伝えています。
あとは生徒がそれを実行してくれれば志望校に合格することができます。
明治大学だったらゼロからスタートしたとしても1年あれば普通に合格することができます。
 
「今の成績は悪いけど明治大学に合格したい!」という人は武田塾津田沼校の無料受験相談にお越しください。
どうすれば明治大学に合格できるかお教えします。
無料受験相談のお申し込みはこちらをクリック
 
大問2以降の傾向と明治大学に合格するための具体的な対策はまた今度書きます。
少々お待ちください。
 
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。
成績が上がる模試の復習法
津田沼で予備校を探している文系の受験生こそ武田塾!
「受験勉強=予備校に通う」そんな甘い考えで大丈夫??
来年度のセンター英語で180点以上取る勉強法

Category

Keywords

関連記事

コラム

受験に対しての目線

おはようございます、こんにちは、こんばんわ。なんだかんだで武田のブログを書くのが初めての講師の岩井です。 今日はシルバーウィークの途中であり敬老の日ですね。いつもお世話になっているおじいちゃんおばあちゃんに何かしら送って […]

武田塾津田沼校
コラム

津田沼の冬期講習多々!武田塾は冬だけタケダ!?

こんにちは! もうすぐ冬も近くなってきましたね。 そこで、冬期講習が始まる塾も多いので、 今から津田沼の塾の冬期講習について紹介します。 1つ目はTOMAS津田沼教室です。 TOMAS津田沼教室の冬期講習は、マンツーマン […]

武田塾津田沼校
コラム

今年も1ヶ月が経ちます

こんにちは、市川市の大学受験予備校、武田塾市川校高田です。 新しい一年が始まって、間もなく一ヶ月ですね。 12分の1が過ぎるということで、どうでしょう、今年の目標に対して近づいていますか? 高田は今年の目標を、本をたくさ […]

武田塾市川校