Success stories

2019年に志望校に見事に合格した武田塾の生徒をご紹介します。

偏差値49.2・E判定から1年で千葉大学に合格!

偏差値49.2・E判定から1年で千葉大学に合格!

     
  • 菊地未宙さん
    出身高校:千葉女子(家政)
  •  
  • [合格大学]
    千葉大学・園芸学部緑地学科

千葉大学逆転合格の軌跡

高2の1月の模試結果は、第一志望に及ばずの点数。苦手な数学は基礎が不足していたため、基礎固めからのスタートでした。英語も同様、半分以下の点数を出してしまい不安でした。

しかし、先生のサポートや勉強の仕方を学んで、英語は11月に受けたセンタープレで168点をマーク。最終的にA判定をもらい、自信を持って千葉大学園芸学部を受験することができました。

国立一本に絞って挑戦した私の体験が参考になればうれしいです。

数学は演習と基礎固めで6割越え!

武田塾には高2の1月に入塾しました。他の予備校の授業も体験したのですが、特に数学は全くついていけずに、基礎の理解不足を痛感していました。その中でも、武田塾は躓いたら必ず立ち止まり反復するので基礎が抜けてた私には合っていました。

とにかく数学は苦手で、部活を引退してからは数学だけで1日4時間ぐらい勉強したと思います。『初めから始める数学』をやったり、『ハッとめざめる確率』もよくやりました。

また、式変形といったセンターの独特な出題に備えて演習を増やし、完璧に復習するよう心がけました。数字の羅列ではなく記述を意識することにより、流れもつかめたし、自分の中でも整理できたことは大きかったと思います。

ただ得点にはなかなか結びつかず、夏休みの塾内模試で数IIBが30点だった時は、さすがに先生にも心配されました。

でも、センターでは目標の6割を越えることができたので、勉強法に間違いはないなと思いました。

苦手な英単語も音読効果で克服!

英語も高2の模試の点数は半分以下でした。塾に入って最初に単語を覚えるように言われたのですが、まだ部活をやっていたこともあり全然できなくて、先生に「やる気あるの? 塾に入ったんだから、ちゃんとやったほうがいいよ」と叱られました。厳しくしてくれる先生は気持ちが引き締まり勉強のモチベーションにもつながりました。

一番力になったと感じたのは、音読です。その週に出された問題の一問につき、30回を目標に瞬時に日本語訳が出るまで読み込みました。また、特訓の際には、先生の前で英文を読んで日本語訳し、関係代名詞などの質問に答えるレッスンもしました。

音読と先生との特訓が功を奏し、11月のセンタープレでは168点を取ることができ、12月あたりになると、長文は得意だなと感じられるようになりました。

直前追い込みで地理Bが56点→88点

他の科目について言えば、国語は得意だったので、『古文単語300』『古文単語600』などを使い、数をこなしながら基礎固めをしました。

理科・社会系では、センタープレまで化学は『岡野の化学が初歩からしっかり身につく』を夏休みまでに何周もやりました。生物は暗記が大事なので、学校で使っている参考書を中心に何度も繰り返し、暗記していきました。

ただ、センタープレまで基礎しかやらずに問題を解いていなかったため、点数は伸びていませんでした。基礎的な参考書を繰り返し見ることで、安心してしまっていた部分があると思います。

そこで、気持ちを入れ替えていろいろな問題集を解きました。化学では、計算式を書くときも単位を意識するように、という先生のアドバイスがとても参考になりました。

また、12月のセンタープレで、地理Bが56点しかとれなかった時も少し焦りました。その後、勧められて『地理B実況中継』を集中的に勉強しました。このセンタープレが終わったあたりが、時間がない!と一番焦りを覚えた時期です。

センター本番は、目標を上回る78%を獲得

同級生は、半数がAO入試や推薦だったので、同じ国公立志望の子が勉強する様子を励みにしていました。また塾では、既に1年分の貯金を持つ浪人生がすごく勉強しているのを見て、私も実のある勉強をしなければ、と感じました。

そのために、参考書を流し読みするのではなく、今何をやるべきか意識して取り組むようにしました。

ずっとCだった判定も最後にAになったこともあり、本番はいつも通りにやろう!と、そんなに緊張しませんでした。二次試験には数Ⅲがあるのですが、数学がとれなくても英語や生物、化学でカバーすれば大丈夫と言い聞かせ、落ち着いて受けることができました。

受験当日を振り返ると、弓道部の試合のほうが緊張したかもしれません。先生に「成長したね」と声をかけてもらったのも心強かったです。

センターは結局目標を上回り78%ぐらい得点できました。具体的には数IA59点、数IIB 64点、英語157点、国語179点、生物88点、化学73点、地理B88点です。

私は、環境保全の中でも観光寄りのテーマに興味があったため、当初は首都大学を目指していました。千葉大学園芸学部を第一志望に決めたのは、高3の夏のことです。総合大学なので、専門以外にも幅広く学べるのではないかと期待しています。またアウトドア系のサークルものぞいてみようと思っています。

最後の最後で成績が上がった経験から、後輩の皆さんもぜひあきらめずに頑張ってほしいなと思います。

Category

Keywords

他の合格体験記も見る

合格体験記

幕張総合から学年で唯一慶應に合格!

生徒データ 名前 小倉沙彩 高校 幕張総合高校 学年 高3 合格大学 慶應義塾大学文学部・商学部、早稲田大学文学部・教育学部、明治大学政治経済学部 入塾のきっかけはなんですか? 最初は独学でやろうと思っていたのですが、具 […]

武田塾