Success stories

2019年に志望校に見事に合格した武田塾の生徒をご紹介します。

最後までE判定だった私がラストスパートで青山学院大学に合格!

最後までE判定だった私がラストスパートで青山学院大学に合格!

     
  • 作田まゆさん
    出身高校:県立千葉女子高校
  •  
  • [合格大学]
    青山学院大学・コミュニティ人間科学部
    順天堂大学国際教養学部

青山学院大学逆転合格の軌跡

部活引退後の高3の夏から本格的に受験勉強を始め、青山学院大学コミュニティ人間科学部に合格しました。

第一志望の青学は英語がポイント。でも偏差値は、英語・国語・日本史とも40台でした。

青学の判定は「E」だったにもかかわらず、最後まであきらめずに勉強を続けた私の体験談をご紹介します。

7月末から本格的な受験生活へ

3年生の6月末まで運動部にいたので、実際に受験勉強を始めたのは引退後です。

効率良く身につく勉強をするにはここしかない!と、武田塾に入塾した時には、7月末になっていました。入塾後は、机に向かって慣れない勉強の日々が始まりました。

今思えば、常に先生に管理され、見られている危機感があったのが良かったと思います。

志望校は青山学院大学の一択でした。自分も駅伝の経験があり、箱根駅伝にあこがれて・・・(笑)。「青学に行きたい」と先生に話した際は、努力しなさいというニュアンス含みでしたが、「前向きにがんばろう」と励ましてくれました。

苦手だった長文読解を音読で克服!

夏休みは、同じ参考書を何度も解いて、基礎的なことを集中的に勉強しました。

毎週行う確認テストを目標に、テスト範囲を覚えるくらいやりましたが、8月末から秋にかけてはまだまだ正答率が低くて「今、この単語を覚えていないとやばいよ」と叱られたこともあります。

ただ単語は覚えた分だけ手応えがありますが、長文は本当に難しかったです。先生の前で解いても全然できなくて・・・。結局、文の構造を理解せずに漫然と読んでいるから、それが点数にも影響していたんですね。

先生の勧めで、長文は毎日解くのではなく1日やったら次の日は音読するようにしていました。結果的にそれがリスニング対策にもなったと思います。10月に40台だったリスニングの偏差値は、翌月の模試で54になりました。

目に見えて成績が上がったわけではないのですが、12月ぐらいになると問題を解くスピードも速くなった感覚がありました。入試の直前まで続けましたが、音読は本当に大切だったなと思います。

日本史の自信につながった“総理大臣の歌

英語に比べると、日本史は最後の最後で伸びました。特に印象的なのは先生に教えてもらった歴代総理大臣の功績を折り込んだ歌。真似て自分で作ったり、語呂合わせも教わりましたが、覚えたことは得点源になりました。

記述問題対策では、間違えそうな漢字を付箋に書き出して、自習室の壁に貼り付けていました。国語も同じ先生に教えてもらったのですが、「一題一題の質を大切にしなさい」と言われたことが印象に残っています。

そこで古文は問題を解いた次の日に、必ずもう一度読んでみました。現代語訳のできない部分は単語や文法を理解していないところなので、重点的に復習しました。

文法は8月に詰め込んでいたので、あとは問題を解きながら分からないところを、その都度確認していった感じです。

過去問と模試は見直して弱点を分析!

先生と相談して、最初に志望校の赤本を解いたのは8月末でしたが、全く歯が立たずに落ち込みました。10月にもう一回解いてみましたが、できる!という感覚はなかったです。

模試でも毎回、満足な結果が出せず青学の判定はずっとEでした。でも復習するしかないと肝を据え、模試を見直したことは力になったかもしれません。

できない所を分析してみると、英語でも古典でもやっぱり単語や文法といった基本的なことが理解できていないことがわかりました。

青学の入試の直前に、直前にやり直した基本的な文法が出題された時は復習してよかった!と思いました。

センター試験より私大の勉強を優先。最後まであきらめず基礎を固める。

センター試験が近づくとどうしてもその対策に左右されがちですが、先生から「センターより志望校の対策をしなさい」とアドバイスをもらったので、私大の勉強を優先しました。

あの言葉がなければ今の合格はなかったと思います。塾長や教務の先生も志望校は変えずに最後まで頑張るようにと励ましてくれました。

武田塾では毎週行われる確認テストで、とにかくいい点を取りたい!というのがモチベーションになりました。

先生が「受験は長距離走だ」とおっしゃったのですが、部活を頑張ってきたのと同じように、先生を信じて自発的に努力すれば、結果が出せると思います。

目指す職業は決まっていませんが、英語の勉強は続けたいと思っています。夢だった駅伝の応援をするのも楽しみです。

Category

Keywords

他の合格体験記も見る

合格体験記

現役日大落ちから1年で千葉大理学部に合格!

生徒データ 名前 T K 高校 成東高校 学年 高3 合格大学 千葉大学理学部地球科学、東京理科大学理学部土木学科、芝浦工業大学システム理工学部 入塾のきっかけはなんですか? 高校の授業はしっかり聞いていたので、浪人して […]

武田塾