Category

過去問の使い方について

過去問の使い方について

こんにちは。

センター試験も近く、残り59日ということで、本日はこの時期の勉強で気を付けてほしいことを書かせていただきます。

秋は模試がたくさんあり、入試も近いのにと、思うように成績が伸びず悩み焦る受験生は多いのではないでしょうか。

そういう時、多くの受験生は何をするでしょうか。

過去問をひたすら解いて慣れようとし、点数に一喜一憂する受験生がとても多いように思います。

確かに過去問を解くことは自分の実力を知る上で重要ですが、もっと大切にしてほしいことがあります。

それは、過去問のような応用問題を解いていても基礎は大切にして忘れてはいけないということです。

難しい問題ばかりに目をむけて、基礎が疎かになってはいませんか?

夏にたくさん覚えたことも、手を付けないまましばらく時間が経ってしまうと忘れてしまいます。

それはとてももったいないことだと思います。

面倒かもしれないけれど、この時期に基礎が抜けていないかを確認することは本当に大事です。

基礎が抜けているから過去問の難しい応用問題が解けないということもありますし、それに何より、基礎ができるのは受験では当たり前となっています。

受験で合格を勝ち取る人たちは確実に基礎問題は点を取ってきます。

それは、少し基礎問題でミスをすれば大きな差になり、命取りとなる可能性があることを意味しています。

まずは基礎を確実なものにしましょう。

なので、過去問は使い方を考える必要があります。

間違えた問題を復習してできるようにするだけでなく、自分の苦手分野を見つけ出し、そこを参考書等で基礎から復習し直すことが大切です。

そのようにして苦手分野をなくし、どのような問題が出てきても対応できるようになります。

過去問は自分の苦手を見つけるための教材と考えてほしいと思います。

この時期、受験生は焦ってしまうとは思いますが、勉強に対して熱意をもち、一方でそういう時こそいい意味で冷静になることが大事です。

一日一日を大切に勉強に取り組みましょう!

 

 

 

 

 

 

Category

Keywords

関連記事

コラム

Born to run

こんにちは、市川市の大学受験予備校、武田塾市川校高田です。 本日は1月28日ですが、1985年のこの日は「We Are The World」のレコーディングが行われた日だそうです。 音楽の授業などでも扱われるこの曲、アフ […]

武田塾市川校
コラム

オススメ本の紹介

こんにちは、講師の菊池です。 今日は受験に一切関係なく、あ、いや高2の子や高3で読書が趣味の子にとっては受験に活きたり活きなかったりするのですが、とりあえず一見受験には関係なさそうな、本の紹介をしてみようと思います。 僕 […]

武田塾津田沼校
コラム

文学部ってどんなところ?

        こんにちは!講師の松田です(*^^)v   今日は、私の所属する学部について紹介したいと思います(^_^) 皆さんは『文学部』にどのようなイメージをお持ち […]

武田塾千葉校
コラム

なぜ勉強するのか

こんにちは! 津田沼校講師の長田です。 受験までのカウントダウンが迫ってきて焦りを感じている受験生や逆にワクワクしている受験生も色々いると思います。 そんな中、勉強に対するモチベーションが上がらない人もいると思います。 […]

武田塾津田沼校